2006年03月25日

あとがき/AfterWords 1991,1999,2006


[ あとがき−中学を卒業した僕から− ](1991.3.24)


 どうも、こっぱずかしい詩をみてくれてありがとう。
 この詩集をつくったきっかけは、目の前にせまった卒業に向け、
 何かをしたいと前々から思っていたんですが、その1つとして(珍しく)
 純情な詩でも書いてみようか、というわけで。

 全編を通してのテーマは、『夢、希望、これから』(旅立ちという意味)。
 ちょっとだけ『恋』も入れてしまった・・まあ、これもおもいでとして。

 なぜこの詩集の題が『おもいで』になったか?

 テーマの1つに旅立ちってのがあります。夢を叶えるために、希望を持って
(中学3年生は)旅立つ。何も先は解らない。けれど、荷物のなかには今まで
(仲間とすごしてきた)おもいでがある。
 この詩集を読んで少しでも何か感じてくれる人は、その人自身の心に、
 同じようなおもいでがあったからではなかろうか?

 おもいでというのは、ただのできごとの総集編完全保存版ではなく、
 これから旅立つ者たちへ、勇気を(希望を)分け与えることのできる、
 大切な、命の次くらいに大切なものではないだろうか……。

 私としては、この中の1つでも、自分に合うものがあれば……と思います。


 ◇  ◇  ◇


[ 僕の『おもいで』回想 ](1999.3.18)


 本編最後のエッセイを書き上げて、まず感じたのは、疲れよりも
 「やっと理想通りの発表ができた」という小さな達成感である。

 また、今回の発表に、「メールマガジン」という新しいメディアを
 選べたことにも、たいへん満足している。

 『おもいで』を一番最初に書いた、中学3年の終わり以来、僕は毎年
 この時期になると、手書きの初版を読み返して、
 「いつか本になったら、ぜったい今頃の季節に出すんだ」と、
 いきごんでいた覚えがある。

 「『詩集 おもいで』を、いちばん似合った季節に、
              読みたいと思ったみんなに読んでもらう」

 ……という、夢は叶った。
 ほんとうに、ほんとうに、こりずに読み続けてくれたみなさんに、
 大きな声で「ありがとう」と伝えたい。


 ◇  ◇  ◇


[『詩集 おもいで』](2006.3.25)


いつもこの季節になると、やっぱり「詩集 おもいで」に頭がシフト
してしまう。なので今回は、ブログというメディアを使って、「おもいで」の
似合う時期にブログ投稿をやってみた。

ウェブサイトの方を大幅更新にかけていて、まだ「おもいで」のサイトは
更新ができていないのだ、、、それでもこの春を目の前にした季節を
出したくて、送ってみた。

なみかわにとって、「詩集おもいで」はかなり思い入れの深いものだなと
思ってもらえれば、、。

これからしばらくは、ブログのカテゴリ「詩集おもいで」「エッセイおもいで」で
読めるので、またふらっと立ち寄ってもらえるとうれしいです。



<おわびなど>

・途中「Fight Fight Fight!」と「剣をください」を逆に送信してしまいました。
・メールマガジン配信時、アンケートをとって、製本版の予約をうけたのですが、
 未だ本ができておりません、、、本が完成しだい、なんらかのかたちで連絡を
 します。ごめんなさい。


#「詩集 おもいで」「エッセイ おもいで」の配信は今回で終了です。
#今後もブログではいろんな作品を配信していきます。どうぞご期待ください。


posted by なみかわ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

ぴかぴかのノート


 いつも、ノートを新しく用意して、1ページ目の書き始めと、
 表紙にタイトルを入れる時が楽しい。
 日記帳でも、小説の下書きでも、楽譜でも。
 ぱらぱらと白いところを
 流しながら、書き終える頃のことを少し考えたりする。

 「詩集 おもいで」を1冊のノートとすれば、今日が最後のページ、
 になるのだろうか。

 >あなたの人生に、あなただけの『おもいで』の思い出ができれば、
 >僕はとても嬉しいから。
             (第1回:『おもいで』の思い出を より)

 この文章から24回、続けてきた「エッセイ おもいで」の部分を
 −−今回はブログでカテゴリ別になっているのでそれを「めくり返して」
 見ると、1999年当時のままのものをあえて使ったり、今の気持ちを書き足したり、
 さまざまな部分があった。きっと、読んでくれたみなさんにも、当時のことを
 思い出したりとか、いろいろと感じることがあったに違いない。

 「詩集 おもいで」と「エッセイ おもいで」は、今日までを一応ひもで綴じる
 (とじる)ことになる。
 
 でも手元には、また新しいノートが用意されている。
 (ブログだから、新しいデザインで、新しいカテゴリで、その数は無限に。)

 次は何を書こうか。それは、みんなと、
 どんな思い出を、作ることができるだろうか。


(1999年3月、2006年3月)

#旧題「ぴかぴかの日記帳」
#この次に「詩集 おもいで」で「あとがき」を送ります。


posted by なみかわ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ おもいで

さいごに…おもいで/At Last, OMOIDE



 今 生きてきた瞬間も 明日になれば おもいでにかわってしまう
  すべてのことが おもいでにかわってしまう
 だから 私の あなたの 君のまわりには
 おもいでが いっぱい
 思い出せないくらい いっぱい
 手で持ちきれないほど いっぱい

  すべて おもいで


 今 感動したことも 明日になれば おもいでにかわってしまう
  あの歓声も おもいでにかわってしまう
 だから 私の あなたの 君の心のなかには
 おもいでが いっぱい
 思い出せないくらい いっぱい
 心がはちきれそうなほど いっぱい

  感動も おもいで


 今 悲しかったことも 明日になれば おもいでにかわってしまう
  幾多もの涙も おもいでにかわってしまう
 だから 私の あなたの 君の涙の結晶には
 おもいでが いっぱい
 思い出せないくらい いっぱい
 手ですくいきれないほど いっぱい

  涙も おもいで


 おもいでは 日々のなかで きらり輝くものだけがなれるのか

 ちがう

 小さな小さなうれしいことや悲しいことがきらり光ったものが
 さらに大きく輝いて
 素敵なおもいでへとかわってゆくのだ

 だから 私の あなたの 君のまわりには

 おもいでが いっぱい
 思い出せないくらい いっぱい

 すべて おもいで



(c)Misaki World 1991.3.21,3.23_1999

posted by なみかわ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

足跡/君よ、風をおこす人ぞ


 もしも本当に、歩いてきた「みちすじ」が「足跡」になって見える
 としたら−−、僕のそれはぼろぼろで不安定で、靴だってどろどろに
 なっていることだろう。


 時には、僕が僕らしく生きている証明(あかし)としての
 物書きの活動でさえ、みにくい(醜い)足跡となって心にのしかかり、
 何もかもやめてしまいたいと、ペンを折りそうになったこともある。

 それでも僕は、作品のリストを焼き捨てられなかったし、
 それでも僕は、まだこうやって字を書いている。


 なぜかって考えると、やっぱり、たくさんの人が、支えてくれたから
 なんだなと思う。

 こんなこと(作品とか)を書いても、理解してくれる人なんていないんじゃ
 ないかとか思ってても。この人には僕のことは話しにくいと思ってても。
 出会う機会がある限り、きっとわかってくれる人がいるということは、
 ぼんやり、見えてきた。
 
 だから、もっと出会いたい。後ろを振り返ったりもたまにするけど、
 この足跡のこともひっくるめて、笑ってくれる人に、いっしょに笑える人に、
 たくさん、出会いたい。

 ***


<君よ、風を発す(おこす)人ぞ>

 僕の歩いて来た道は 決して「まっすぐ」とはいえない
 ただ、自分の想いに正直に進んできたらこうなった
 
 年を重ねて積む春の 桜が詩(うた)を聴ける頃
 僕は大きくなっただらうか 影は小さくなっただらうか
 
 次代(つぎ)夢のゆく先を探しつ僕は
 夢の名前を叫びて生きる
 
 向かい逢いたし望みの者へ
 「君よ、風を発す人ぞ」と




(1999年3月、2006年3月)
#「君よ、風を発す人ぞ」は2002年頃の作品からの抄録。
 1999年時点では断片メモをエッセイで引用していました。

posted by なみかわ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ おもいで

前へ行こうよ/Let's look back, Let's go Forward



 今日はもう思い出したくない 悲しいことがあっても
 涙こらえて 前を向け

 大切な友たちと別れるような 辛い時が訪れてきても
 涙こぼさず 前を向け

 今日 残された時間
  涙はこれ以上落とさずに
 今日 残された時間
  笑ってゆこうじゃないか
 あしたはきっと いい日になるから さあ涙をふいて

 前を向いて進んでゆこうよ
  明日はきっと輝いて来るさ
 前を向いて進んでゆこうよ
  明日はきっと楽しくなるさ きっと……


 今日はもう思い出したくない 悲しいことがあっても
 涙こらえて 前を向け
 自分の夢が打ち砕かれるような 絶望の時が訪れてきても
 涙こぼさず 前を向け


  立ち止まって 後ろを向いても

  自分の足跡は 消せないだろう

  次の一歩は 大丈夫だね

  明日にまっすぐ つながっているから


 前を向いて進んでゆこうよ
  明日はきっと輝いて来るから
 前を向いて進んでゆこうよ
  明日はきっと楽しくなるから きっと……

 きっと……


(c)Misaki World 1990.9.24,1991.3.21_1999
posted by なみかわ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで