2006年02月04日

はじめに……3年間/Foreward,OMOIDE


  私達が生きていた この 3年間は
 とても長かった
  はじめて見たものは 3年たって なじんだものになり
  さいごに見たものは 3年たって その姿もうすれ
 たまに 涙して 3年前を思い出す
  しかし その涙も 3年間にあった事の為に流すようになる

 長い長い時の中で
  私達は何を想っていたか
   それは昨日の事の様に
    すぐ手にとることができた
   けれども それも
   今日で終わりかもしれない


  私達が生きていた この 3年間は
 とても短かった
  この3年は 人生においては
  ただの ひとふみの足跡にしかならず 年が過ぎると思い出せなくなり
 たまに 笑って あの時の事として思い出す
  しかし このたったひとつの足跡は 次代へと向かう一歩なのだ

 長い長い時の中で
  私達は何を積み重ねてきたか
   それはもう細かすぎて
    手でつかむことはできない
   けれども それも
   今日で終わりかもしれない


  私達が生きていた この 3年間は
 とても長く とても短く
  それは重みのあるひとつの足跡になった
  足跡は私達の本当の夢へと続いてゆく


そして私達は
 自らの手で
 自ら大地をふんで
 自らの夢を つかむのだ

(c)Misaki World 1991.1.13_1999
posted by なみかわ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/316506

この記事へのトラックバック