2006年03月25日

あとがき/AfterWords 1991,1999,2006


[ あとがき−中学を卒業した僕から− ](1991.3.24)


 どうも、こっぱずかしい詩をみてくれてありがとう。
 この詩集をつくったきっかけは、目の前にせまった卒業に向け、
 何かをしたいと前々から思っていたんですが、その1つとして(珍しく)
 純情な詩でも書いてみようか、というわけで。

 全編を通してのテーマは、『夢、希望、これから』(旅立ちという意味)。
 ちょっとだけ『恋』も入れてしまった・・まあ、これもおもいでとして。

 なぜこの詩集の題が『おもいで』になったか?

 テーマの1つに旅立ちってのがあります。夢を叶えるために、希望を持って
(中学3年生は)旅立つ。何も先は解らない。けれど、荷物のなかには今まで
(仲間とすごしてきた)おもいでがある。
 この詩集を読んで少しでも何か感じてくれる人は、その人自身の心に、
 同じようなおもいでがあったからではなかろうか?

 おもいでというのは、ただのできごとの総集編完全保存版ではなく、
 これから旅立つ者たちへ、勇気を(希望を)分け与えることのできる、
 大切な、命の次くらいに大切なものではないだろうか……。

 私としては、この中の1つでも、自分に合うものがあれば……と思います。


 ◇  ◇  ◇


[ 僕の『おもいで』回想 ](1999.3.18)


 本編最後のエッセイを書き上げて、まず感じたのは、疲れよりも
 「やっと理想通りの発表ができた」という小さな達成感である。

 また、今回の発表に、「メールマガジン」という新しいメディアを
 選べたことにも、たいへん満足している。

 『おもいで』を一番最初に書いた、中学3年の終わり以来、僕は毎年
 この時期になると、手書きの初版を読み返して、
 「いつか本になったら、ぜったい今頃の季節に出すんだ」と、
 いきごんでいた覚えがある。

 「『詩集 おもいで』を、いちばん似合った季節に、
              読みたいと思ったみんなに読んでもらう」

 ……という、夢は叶った。
 ほんとうに、ほんとうに、こりずに読み続けてくれたみなさんに、
 大きな声で「ありがとう」と伝えたい。


 ◇  ◇  ◇


[『詩集 おもいで』](2006.3.25)


いつもこの季節になると、やっぱり「詩集 おもいで」に頭がシフト
してしまう。なので今回は、ブログというメディアを使って、「おもいで」の
似合う時期にブログ投稿をやってみた。

ウェブサイトの方を大幅更新にかけていて、まだ「おもいで」のサイトは
更新ができていないのだ、、、それでもこの春を目の前にした季節を
出したくて、送ってみた。

なみかわにとって、「詩集おもいで」はかなり思い入れの深いものだなと
思ってもらえれば、、。

これからしばらくは、ブログのカテゴリ「詩集おもいで」「エッセイおもいで」で
読めるので、またふらっと立ち寄ってもらえるとうれしいです。



<おわびなど>

・途中「Fight Fight Fight!」と「剣をください」を逆に送信してしまいました。
・メールマガジン配信時、アンケートをとって、製本版の予約をうけたのですが、
 未だ本ができておりません、、、本が完成しだい、なんらかのかたちで連絡を
 します。ごめんなさい。


#「詩集 おもいで」「エッセイ おもいで」の配信は今回で終了です。
#今後もブログではいろんな作品を配信していきます。どうぞご期待ください。


posted by なみかわ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/501933

この記事へのトラックバック