2013年01月27日

ミカン箱になれなかった夢の実行装置

 パソコンで何ができるか?−−初心者の方は、よく僕にそう聞いてくる。
 僕はこう答える。「何でもできる」と。
 僕は中学生の頃、パソコンがあれば、あの「*ドラクエ」を作ることが
 できる、と信じこんでしまっていた。*ファミコンで動く、
 ファミリーベーシックをちょっとだけ触っていたからかもしれない。
 それは少しだけ違っていたようで、道具(ツール)と思えるなら、
 パソコンは強力な「右腕」となって、僕らを助けてくれるのだと、
 使い続けてゆくうちに知った。

 何でもパソコンが「やってくれる」と甘い思いを抱いて、
 *電気街へ行ってしまったら、きっとその時買って来た大きな本体は、
 使い道のはっきりしないまま、ほったらかしにされてしまうだろう。
 *タワー型の本体なんて、ミカン箱よりもたちが悪い。上に本を置いて
 勉強することすらできないから、困ったものだ。

 パソコンを買おう、とあなたが思うなら、まずメモ用紙に
「何をするために」かをはっきり書く。絵を描くため、音楽を創ったり
 聴くため、ホームページを見てメールを書くため……単にばく然と
 欲しいから、という「もやもや」は消してしまった方がいい。
 それからサイフと店の人と相談すれば、「ただの鉄の箱」になってしまう
 こともないだろう。

 買って間もない頃は、いろんなことをパソコンでやりたくなってくるが、
 全部を「任せない」ことが上達への近道だ。僕も昔、何から何まで
 書くものをテキストファイルにしたことがあったけれど、
 ある日考えていることがなかなか打ち出せなくなって、結局ノートを
 買って落書きを再開した。ツールの一つだ、と思ってからは、
 パソコンと楽につきあえるようになった。

 今年の年賀状も、手描きの絵をスキャンして、お絵かきソフトで
 多色刷りの原稿を作り、ワープロソフトで黒だけ印刷、あとは
 *プリントゴッコでぺたぺたと−−と、用途に応じて使い分けた。

 不況不況と言われても、暗い時代だと噂されても、元気良く成功している
 人や企業は、小さな機会(チャンス)を見逃さずに生かす天才なのだ。
 今、急激にインターネットを使う人びとが増えているが、世界につながる
 端末となるパソコンにも、まだまだ無限の可能性がある。
 やってみたいことはないだろうか。ツールさえあれば楽になることは?
 始めたばかりの人も、だいぶ慣れてきた人も、自分らしい使い方で、
 今使っているパソコンをもっと、「夢の実行装置」に近づけてほしい。

#16/01/1999,09/03/2000
−−−−−−−−−−−−
初心者のための用語解説:
*ドラクエ:
ドラゴンクエストの略。ファミコンで発売されたロールプレイング
ゲームで、その感動を経験された方も多いことでしょう。

*ファミコン:
テレビゲーム機械の代名詞ともなった、任天堂が発売した
テレビゲーム機械「ファミリーコンピュータ」の略称。

*ファミリーベーシック:
ファミリーコンピュータで動く、BASIC(プログラム言語の
ひとつで、初心者も理解しやすい)システム。キーボードと
カセットがセットで売られていた。データのバックアップは、
カセットの単三電池か、カセットテープでとる。

*電気街:
電機街ともいう。パソコンや家電製品の店が集まっている地域。
大阪なら日本橋、東京なら秋葉原が有名。

*プリントゴッコ:
家庭用謄写印刷機。たぶん日本で一番普及していると思うので、
代名詞として使わせてもらった。
タグ:1999 2000
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61773818

この記事へのトラックバック