2013年02月10日

銀時計


(あのじいさん、ほんとに魔法使いだった)

 俺は1945と緑の数字が入った、古びた電卓を見てそう思った。俺は大学のレポートのネタが無くて一人で博物館に行って、館長のじいさんに話しかけられた。
『学生さん? わしは、魔法使いなんじゃ。この電卓に、魔法をかけて、時間旅行ができるようにしたんじゃが……ひとつ頼みをきいてはくれんかね。……
「1945」と打ち込んだ。この、[=(イコール)]のボタンを押して、着いた所で何かモノを1つ持って帰って来てくれんかね』
『はぁ』
 時間旅行はともかく、
『なんで何か持って帰って来るのさ』
『いや、この博物館に新しい展示品が欲しくてな』
『それってパクりじゃん、じいさんが行けばいいじゃないか』
『わしは、無理なんじゃ……』
 じいさんは少し寂しそうに言った。
 俺は仕方なしにその電卓をもらって、イコールのボタンを押して、1945年の日本らしき所に無事に着いて、それでじいさんは魔法使いかもしれないと思ったのだ。

 帰り方も聞いてあるので、あとは何か持って帰る物を探さないといけない。俺の姿はじいさんの魔法の電卓のおかげでこの時代の人には見えない。俺は砂利道を歩いて、近くに見えた家に入ってみた。
 居間らしい部屋に、小学生くらいの男の子が、円いテーブルに本を広げて読んでいた。テーブルの真ん中には、銀ぴかの懐中時計が置いてあった。
(あれは、)
 博物館の展示品にそっくりだった。
(おい、まさか……)
そこまで考えた時、サイレンが聞こえてきた。

『空襲警報発令!』
 今日、それが……俺は慌てて電卓を操作して、もとの時代へ戻ろうとした。最後のボタンを押そうとして、指を止めた。本を読んでいたあいつ、いつのまにか寝てやがる。おい、このままじゃ、おまえ家ごと燃えちまうぞ。
 いや、起こせたとしても。
 こいつはたぶん、助からない。確か、博物館での説明書きには、『空襲で焼け落ちた家から……その時間で止まっている……』
とかなんとか書いてあったはずだ。
……それなら、こいつを連れて帰れば。いや、それなら他の人たちはどうする? みんな、助からないし、連れて帰れない。

 俺は軽い気持ちでじいさんのわがままを聞いてしまったことを後悔した。久しぶりに目のあたりが熱くなった。

「じいさん」
 俺は現代の博物館に戻って真っ先にこう言った。
「俺は『他人』だから、この時計を持って帰って来れた。けどな、俺だってそこまで鈍感じゃないぞ。じいさん、”あいつ”とか、知ってるんだろ?」
 じいさんは俺の方を向かずに、ぽつりとしゃべった。
「そうじゃよ。わしはあの時代を生きていた。わしが行けば……『家族や仲間たち』とともに死んでいたじゃろう……」
 じいさんの言い訳の声がとぎれる。

 俺は時計を渡した。じいさんはそれを大切に深緑の布でくるんだ。その時計はあの展示品が指していた時刻を過ぎていたが、かちかちと動き続けていて、そんな音で俺とじいさんの距離を埋めようとしていた。
タグ:1993
posted by なみかわ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編集 歴史博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62273455

この記事へのトラックバック