2013年02月10日

「歴史博物館」個人誌改訂版発行時の後書き(1995)

『歴史博物館』は、平成5年(1993年)12月、テレビで太平洋戦争の特集を見ていた時に、戦争が今の私たちに与えている影響を描きたいなあ、と、ほこりをかぶっていた古いワープロ(初期のやつ)の『各行印字モード』で2日かけて『打ち出し』ました。このモードだと、文章データが残らないので、紙に書いたようになるのです。初版は横書きで両面コピーという、特殊な形態でした。たった九冊しかありません(笑)。
 今回の短編集には、『戦争が起こるかもしれない平和のはざまに立つ人間』がこの本で出てきます。これは私のように、戦争を『知らない』世代を指しています。私たちは後天的に戦争の恐ろしさを知っているので、『戦争』をこの短編集のような雰囲気で捉えているのではないか、と思うのです。
 たとえば阪神大震災が起こる前と今では、地震がもたらす恐怖がどういうものか、考え方が少しも変わっていない方は、ほとんどいないのではないでしょうか? だから、戦争を知っている方からみれば、(特に『血痕の日記』あたりで)こんなものではないぞと反論があがるかもしれません。でも、いくら言われても、私自身、これ以上深く学べないのです。戦争を、体験していないから。
 世界ではまだ戦争や殺りくが、ぼっ発しているところがあります。日本も最近の事件から恒久の平和が保証されなくなっている気もします。自分の身は自分でしか守れない……これも、考えざるをえません。でも、これから未来を夢見て大きくなる子どもたちは、彼・彼女たちよりたくさんの恐怖と喜び・楽しみを『知っている』私たちが、貧弱な腕かもしれないけれども優しく包みこんで守らなくてはならない、と思うのです。

 今年、(いわゆる日本での終戦から)50年になります。『歴史博物館』はこれにあわせて改訂発刊された、といってもいいでしょう。

#1995年7月16日の文章に改行などの改稿を入れています。
タグ:1995 1993
posted by なみかわ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編集 歴史博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62273626

この記事へのトラックバック