2007年11月25日

6:50PM、京都駅

 改札を通って、すぐ右手のエスカレーターには乗らない。疲れきった同類にまぎれたくないし、それに、カフェオレの缶を買うからだ。

 京都駅の0番ホームは、特急に乗る旅行客か出張風の姿が多い。少し歩けば喫煙コーナーがあって、やにくさい人も混ざっている。手前の方は二、三人が寄ってたかってどれにするか決めていたので、ひとつ向こう側に回ることにした。

 用意していた120円を入れて、茶色の缶のボタンに触れようとしたら――ばたばたばたと右側から女性が走ってきた。

「ロイヤルミルクティで!」

「……はい?」

 たしかにその女の人は、ふたつ左にある青白い缶の名を告げた。勢いでそっちを押してしまう。ガタンとこぼれた音をきいて、「ありがとう向井(むかい)君」とほほえみかけてきたのは、庶務の泉水(いずみ)さんだった。

「よく僕だってわかりましたね」
 すごい、と言いかけると、さっと小さなポーチを出して振られた。
「タバコ吸うから、いつもここに来るんですよ。おとといくらいから見つけてました」

 僕は泉水さんから200円を受けとった。あわてて財布を出したら、泉水さんは自販機を指さす。
「カフェオレ、買わないんですか?」
 確かに。僕は苦笑って、もともと買う方を選びなおして、おつりを渡した。

「もうちょっと暗くなったら、そこの黒いところに、蛍光灯が写りこむんですよ」

 泉水さんに着いて喫煙コーナーの方まで歩いた。0番ホームは日本で一番長いとかいう話はどこかできいていたが、ここから電車に乗ったことはないので、あらためてこんなに奥まであるのかと気づいた。黒い石造りのホームがせり出していて、高級な感じがした。

 後ろを向くと、ホームの時計は6時50分をさしていた。まだ空は明るく、屋根や陸橋でコの字型に切り取られたように見えた。二つほど向こうのホームには銀色の新快速が入って来るところだった。
「これからあっという間に日が短くなりそうですね」
「そうですよね……だいぶ涼しくなりましたよね」

 少しの間、僕は泉水さんと会社のことを話して帰った。課も違うし、昼間はほとんど話していなかったから、いろいろとネタは尽きなかった。それから週に1、2回、帰りに姿を見かけた時は、10分か20分くらいは話をするようになっていった。
タグ:2005
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7170677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック