2006年02月04日

はじめに……3年間/Foreward,OMOIDE


  私達が生きていた この 3年間は
 とても長かった
  はじめて見たものは 3年たって なじんだものになり
  さいごに見たものは 3年たって その姿もうすれ
 たまに 涙して 3年前を思い出す
  しかし その涙も 3年間にあった事の為に流すようになる

 長い長い時の中で
  私達は何を想っていたか
   それは昨日の事の様に
    すぐ手にとることができた
   けれども それも
   今日で終わりかもしれない


  私達が生きていた この 3年間は
 とても短かった
  この3年は 人生においては
  ただの ひとふみの足跡にしかならず 年が過ぎると思い出せなくなり
 たまに 笑って あの時の事として思い出す
  しかし このたったひとつの足跡は 次代へと向かう一歩なのだ

 長い長い時の中で
  私達は何を積み重ねてきたか
   それはもう細かすぎて
    手でつかむことはできない
   けれども それも
   今日で終わりかもしれない


  私達が生きていた この 3年間は
 とても長く とても短く
  それは重みのあるひとつの足跡になった
  足跡は私達の本当の夢へと続いてゆく


そして私達は
 自らの手で
 自ら大地をふんで
 自らの夢を つかむのだ

(c)Misaki World 1991.1.13_1999
posted by なみかわ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

2006年02月05日

よみがえる音たち/Regenerate-able Voices&Sounds

 目を 閉じれば
  たくさんの想いでとともに
   音が聞こえてくる

  あるときは みんなの声が 歓声が 笑い声が
  あるときは みんなの歌が 旋律が 演奏が
   聞こえてくる

  音たちは心の中をかけめぐり
   いつしか涙を運ぶ
  けれども 悲しくはない

  涙を ほほえみで受けて
 目を ゆっくり閉じれば
  想いでの音もはるか奥底にしまわれる


(c)Misaki World 1991.1.13_1999

posted by なみかわ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

笑いあいたい/Smiling with Spirits



 はやく みんなと 笑いあいたい
 心の すべてで 笑いあいたい

 今は みんな つらい時
 今は みんな こらえなければならない時

 そう

 つらすぎて 胸うたれても
 悲しすぎて 涙こぼしても
 みんな 同じなんだよ

 あなたが悲しい時
 みんなも悲しく
 あなたがつらい時
 みんなもつらい時をおくるんだよ
 誰も頼ることのできない ひとりの心の中で
 自分の心が 戦ってるんだよ

 心配することはないよ
 きっとみんな 笑いあえる日を 楽しみにしてるから

 きっとみんな 笑いあえる日を 待っているから


(c)Misaki World 1991.1.17_1999

posted by なみかわ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

最後にしたくない/Not That's All, but the Future



 やめて下さい 何においても
 最後だと 言わないで下さい
 悲しくなるから

 また来年 きっと頑張ろうと燃えた情熱が
 ふうっと消えてしまいそうです
 ああ もう 二度とないんだと思うと
 笑うことはできません
 無理に笑いたくありません
 ただ むなしいだけです

 それが本当だとわかっているけれど
 心の中には
 あつい心のままで おさめていたいんです

 やめて下さい 何においても
 最後だと 言わないで下さい
 悲しくなるから


(c)Misaki World 1991.1.17_1999
posted by なみかわ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

とびたつ君に/For you, Starting on a Journey

   君はひとあし先にこのなつかしい地からとびたとうとしています

   見送る私は何も言えませんでした

   言葉が遮られ 二人の間にはもうすぐ切れてしまいそうな心の糸だけ

   君は少し何か言いたそうな表情(かお)でしたが、

   うしろを向きました

   その時 私の中の せきが切れました


 とびたつ君に

 大きな声で

 ありがとうと 言いました

  君がいなければ 私の人としての旅路は変わっていたと

  君に出逢えて うれしかったと

 君のことを けして忘れないと 言いました


   君は涙を 返してくれます

   私も涙を 贈りました


(c)Misaki World 1991.1.18_1999

posted by なみかわ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

2006年02月12日

今日、せいいっぱい/Today is Once


 今日という日を 忘れないで
 たとえ悲しくても すぐ「明日になってほしい」と思わず
 今日という日を 今 生きているんだから
 今日 残された時を せいいっぱい生きて
 今日という日を

 今日は昨日になって もう帰ってこない もう動かない
 もう「変えることはできない」

 昨日の涙は消えず ずっと残りつづける
 それは 後悔

 だから

 今日 残された時を せいいっぱい生きて
 今日という日を


(c)Misaki World 1991.1.18_1999
posted by なみかわ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

私の信ずる道/On My Confidential Way



 これからはみんなと違う道を歩きます
 もちろんみんなもひとりです
 道は暗く まだ先は見えません
 それでいいのです
 見えれば 手をぬいてしまいますから

 明日の道は 見つけだして 歩いていきたいのです

 けがをしても 転んでも いいんです
 それで 自分の一番幸せな道を歩けるなら
 泣いてもいいんです
 それで 自分の一番幸せな世界にゆけるなら
 私はかまいません
 信じているから いいのです


(c)Misaki World 1991.1.24_1999
posted by なみかわ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

心の青空/Look up into the Sky



 白が映える夏の日
 空はいつものように 青かった

 ひさしぶりに空を見た
 うつむいて生きていた時 ここは青かったのだろうか
 何ももの言わず 動き続ける空

 この空を 覚えていよう
  語りかけてくる気持ちをよみとるために

 この空を 覚えていよう
  語りついでゆく気持ちをはぐくむために


(c)Misaki World 1991.1.24_1999
posted by なみかわ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

空を飛べたら/We can't Change into Birds


 今日も素敵な空がひろがる
      私の夢も空へつながってゆく

 すぐに夢を追いかけてゆこうとしても
          現実の壁にうたれて
 夢だけ遠い 空の彼方へ消えても
      私だけひとり 残されてゆく

 空を飛べたら きっとかなうさ
       想い続けた 夢にとどくよ

 空を飛べたら きっと言えるさ
      大切な人たちに 自分の夢を


(c)Misaki World 1988.12,1991_1999
posted by なみかわ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

君の夢まで/Your dreamy Wings are only Yours



 君の夢の翼は

 君だけのものだから

 他人にとられる はずなどないさ

 涙にぬれた瞳を

 もう一度輝かせ

 もう一度飛びたとう

 君の夢まで

(c)Misaki World 1989.9,1991_1999
posted by なみかわ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

2006年02月19日

Wonder Land


 星くずたちが 降ってくる 真夜中の少し前
 塾帰りの自転車たちが 街をさまよう

 翼を取られて 夢を取られて 翔べなくなった鳥たちに
 たったひとつ 見えるもの それは

WonderLand, I want to Go to WonderLand.
WonderLand, We want to Go to WonderLand.

 瞬間(とき)を乗り越え はるか遠くにある
 伝説の国 ワンダーランド


 星くずたちが 眠りにつく 真夜中の少し後
 君はひとり風に吹かれて 街をさまよう

 瞳をふさがれて 明日への希望が見えなくなった君に
 たったひとつ 近づくもの それは

WonderLand, I want to Go to WonderLand.
WonderLand, We want to Go to WonderLand.

 現在(いま)を飛び越え はるか彼方にある
 永遠の国 ワンダーランド


(c)Misaki World 1989,1991.3.10_1999

posted by なみかわ at 23:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

私は何もできなくて/Man has two Hands



 私は 何もしてやれなかった
  あなたと あなたのまた向こうにいる人たちに

 みんなは 私のために たくさんの心の花を贈ってくれたけれど
 私は 何もできなかった

 たくさん何かを忘れてしまった

  それでもかまわないのでしょうか
  ただの思いすごしでしょうか

 心にぽっかり 穴があいたようで とても怖いんです


(c)Misaki World 1991.3.12_1999
posted by なみかわ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

動きゆく世界/Rotating World



 あなたや 私が 泣いていても
  どこかで 誰かは 笑ってる

 あなたや 私が 笑っていても
  どこかで 誰かは 泣いている

 いろんな思いや 夢に あこがれ すべてをのせて

 世界は動いてゆく


 あなたや 私が 知らないことも
  どこかの 誰かは 知っていて

 あなたや 私が 知ってることも
  どこかの 誰かは 知らないままで

 いろんなうれしさ 楽しさ 不思議さ なんでものせて

 世界は動いてゆく


 世界は動いてゆく


(c)Misaki World 1991.3.14_1999

posted by なみかわ at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

悲しいな、悲しいね/Awaing usual Days



 もう 会えなくなるのかな

 もう 2人でつくったおもいでも

   箱にしまったままに なるのかな

   二度と 開けられないのかな

 悲しいな 悲しいね


 もう 話せなくなるのかな

 もう 2人で膨らました風船も

   飛ばせないままに なるのかな

   二度と 空へは昇らないのかな

 悲しいな 悲しいね


(c)Misaki World 1991.3.14_1999
posted by なみかわ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

翼と夢/An Ancient Ode



 おまえは 翼のない鳥

  この前までは 大空を翔いていたのに

 おまえは 夢のない鳥

  この前までは 大きな夢を抱いていたのに


 おまえの翼はどこでなくした
 おまえの翼はどこへ行った
 おまえの夢はどこへなくした
 おまえの夢はどこに行った


 きっと 探せよ その翼と夢は

 おまえのものだから

 だれにもとられる はずなどないさ


(c)Misaki World 1990.10,1991_1999
posted by なみかわ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

2006年02月26日

あるホームルームで/At a Homeroom period



 わすれかけていた何かを 1通の手紙でとりもどす

 たいへん うれしかったです

 申しあわせ事項がまもれずに 校則がどうこうとさわぐの

 私たちずるいよね
  せっかくつくってもらった道をこわそうとしていたなんて

 これからはもっと 道をつくれたら

 こんな風に おもいます


(c)Misaki World 1988,1991_1999

posted by なみかわ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

Fight Fight Fight!



 Mu.. ゆれる 砂漠の中で 君は何を見たか
 Moon.. 光る 星たちの中で 君は からだ 天にまかせる

 Don't cry You!
    今まで何を思って 生きてきたのか
 Don't cry You!
    目の前の幸福よけて はるか遠くの希望探して

 Fight, Fight, Fight! Fight Forever!

  もうすぐ届くよ 君の夢に

 Fight, Fight, Fight! Fight Forever!

  もうすぐ聴こえる 夢の音色


(c)Misaki World 1991.1.24_1999

posted by なみかわ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

剣をください/Give me Sword, Give me Courage



 さあね 僕には 追い続ける夢などないね

 さあね 僕には あこがれるものなどないね


 いつも どこかの影でうずくまり

 よどむ瞳で 照りつける太陽見あげて

 ひとり いつしか

 夢があるなら 夢ができれば 胸が痛くて


 剣をください 炎の剣を

 僕に夢を 与えてください

 剣をください 光の剣を

 僕に希望を 追わせてください


(c)Misaki World 1991.3.17_1999

posted by なみかわ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

2006年03月11日

勇者のテーマ/Theme of Courager



 いま 君の目の前には 最後の壁が待っている
  君の後ろからは 希望の光 強く強く照らしてる

 今まで 今日まで探し続けた
  輝きは ときめきは あの壁の向こうにある
 その手に あふれる力をこめて
  希望の光 背にいっぱいうけて さあ進もう

 いつも いつも 思い続けた
  夢は きらめいて ほほえんでいるよ
 あふれる おもいで いっぱい持って 光 見つけよう

 急げ Run Run Run! 走れ 風のように
  熱い想いを ひとつにあつめて
 Jump Jump Jump! 翔べ 鳥のように

 君の活躍 期待するよ


 いつも いつも 思い続けた
  夢たち ほら ここにおいでよ
 あきらめはしない 空に誓ったから さあ 進もうよ

 急げ Run Run Run! 走れ 風のように
  熱い想いを ひとつにあつめて
 Jump Jump Jump! 翔べ 鳥のように

 君の活躍 期待するよ


(c)Misaki World 1991.3.15_1999
posted by なみかわ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで

不思議の国へゆこう/Let's Go to the "Wonderful Land"



 Boy 君が いつも夢みてた大地
    ここに今 きらきら輝いて
 Boy 君の 目の前に広がるよ
    さあ 両手いっぱい広げて かけてゆこう

 光と影の中を
    君は少しうつむいて立ち止まり
    いつか見えるだろうと 思い続けた
    夢の国に 憧れて(こがれて)


Boy 君は いつも言ってたね
    夢の世界でずっと生きていたいと
 Boy 君の 熱い心は今
    夢よりここの方がいいと 叫んでるよ

 光と影の中を
    君は少しうつむいてさまよって
    やがて見えるだろうと 信じつづけた
    さあ 前へゆこう

Let's go to the "Wonderful Land",
With us, You're all right(aren't you)?
Hurry up! Ride a ship it's names "LIGHT".

  その時から 君は生まれ変わるのさ
  楽園に たたずむ鳥のように 自由に……


 夢に続くこの道を
   君は少しも止まらずに走れたね
   だから 君の夢は叶うと 僕は叫ぶよ
   走り続ける 君の背に向かって……

Let's go to the "Wonderful Land",
With us, You're all right(aren't you)?
Hurry up! Ride a ship it's names "LIGHT".

  その時から 君は生まれ変るのさ
  楽園に たたずむ鳥のように……自由に……


(c)Misaki World 1991.1.19_1999
posted by なみかわ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩集 おもいで